HOME
当館案内
コレクション
ヨーロッパ絵画
アカデミスム
バルビゾン
彫刻
陶板
ガラス工芸
施設紹介
開館時間
交通案内
巡回展
山寺 立石寺
アカデミスム
18世紀、ブルボン王朝の支配するフランスの宮廷に、優美で官能的なロココ芸術の大きな華が咲きました。しかし、1789年のフランス大革命によって、王政は倒され、美術も大きな転換点を迎えます。大革命と、それに続くナポレオン時代の精神を体現したのが、理想の美を求める新古典主義でした。19世紀のアカデミスムの画家たちも、その流れを汲み、古典的主題の大作を描き続けます。しかし、彼らも、発展する市民社会の要請に応えて、時代の風俗を描くなど、新たな側面も示すようになりました。


山寺 後藤美術館
ホーム ご利用にあたって リンク