HOME
当館案内
コレクション
ヨーロッパ絵画
アカデミスム
バルビゾン
彫刻
陶板
ガラス工芸
施設紹介
開館時間
交通案内
巡回展
山寺 立石寺
当館紹介
ヨーロッパ文化と歴史の余韻の中で
山寺後藤美術館は、山形県河北町出身の実業家・後藤季次郎氏が、長年にわたり収集された、ヨーロッパ絵画のコレクションを核として、史跡と景勝の地・山寺に、平成6年に設立された、魅カ的で特色ある美術館です。
山寺の名で知られる宝珠山立石寺は、比叡山延暦寺の別院で、その奇岩が織りなす山腹の杉木立の中を縫って続く千百余段の石段は、静寂に満ちていて、誰もが心洗われる思いがします。
俳聖松尾芭蕉がこの景観に感動し名句を詠んだことは、あまりにも有名です。
そんな豊かな白然と、伝統・文化の息吹くこの環境にふさわしい外観と、ヨーロッパ文化の歴史のなかから生まれた素晴らしい作品に触れてもらうべく、後藤美術館が開館されました。
立石寺と対面する美しい環境と豊かな白然に囲まれた後藤美術館で、名作の鑑賞の余韻とあいまって、心豊かな時をお過ごしいただければ幸いです。
山寺 後藤美術館
ホーム ご利用にあたって リンク